市販のキャットフードは安全なの?

キャットフードは多くのものが市販されており、価格も安いものから高いものまでさまざまです。これらのキャットフードは本当に安全なのかが気になってしまいますが、総合栄養食という記載があるものであれば、猫に必要な栄養素をきちんと配合されているキャットフードになりますので、それだけを食べていても猫が生きていく上では問題がないと言われています。しかしそれは本当なのでしょうか。
猫は本来、肉食の動物です。自然の状態ではねずみなどの小動物を狩ってそれを食べて生きてきた動物のため、主食は肉に含まれているたんぱく質です。しかし市販のキャットフードを見てみると、特に価格が安いものの場合には原材料名の一番最初に「穀物」という記載があるものが多いのに気づきます。原材料名は使用している量が多いものから順に記載することになっていますので、穀物が一番多く使用されているものだということになります。猫は肉食の動物なのに穀物が一番多いということは、一番必要な肉類を多く摂取することができないということです。これは肉よりも穀物の方が費用が安いことから、穀物を多く使うことで商品になった時のコストを下げるために利用されています。肉食の動物である猫にとって、肉は上手く消化することができますが穀物の炭水化物や食物繊維は上手く消化することができないため、実際のところはこれらのキャットフードは猫にとってあまり安全であるとは言い切れないと言われています。
http://www.wotch.org/